エコキュートのことを詳しく知りたい人は必見!エコキュート工事の豆知識を紹介

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てるときや既存のガス設備を排除してオール電化住宅にするときなど電気温水器でもあるエコキュートのことを詳しく知りたい人向けの豆知識をご紹介しています。工事を行うときには専門の会社を通じて現地調査を実施してから見積もりを作成するなどの流れになります。依頼先を候補にする際には保証がついているところを数社選ぶこと、現地調査は実際の費用を計算するときに必要になりますが、依頼先の良しあしだけを考える場合は一括見積もりサービスなどでも構いません。

エコキュートのことを詳しく知りたい人は必見!エコキュート工事の豆知識を紹介

既存の住宅をオール電化にするときには、ガス器具をすべて撤去したりガス管などを撤去するなどが必要です。
その上でIHクッキングヒーターや電気温水器のエコキュートを取り付けるなどの流れになって来ます。
ここでは、エコキュート工事の豆知識をご紹介しているので、現在の家をオール電化住宅にしたい人やこれから注文住宅で家を建てるけれども太陽光発電とオール電化住宅の併用にするなどこちらの豆知識を読むことで役立ちます。

エコキュート工事は1日で完了する?

エコキュートは大気中にある熱をヒートポンプ技術を活用することで、電気エネルギーを使いお湯を沸かすことが出来る家庭用の給湯システムのことです。
利用するのは大気中にある熱で、地球に優しい給湯機としても高く評価されています。
少ない電気で効率的に運転を行いお湯を沸かすことが出来る為、省エネ性の高い給湯機です。
エコキュート工事は内容や設置する場所の状況によって、完了までにかかる時間には差が出てきますが一般的には4時間から7時間程で1日で完了するケースがほとんどです。
半日程で完了するケースが多いエコキュートの設置ですが、地震などによって倒れてしまうことがないように基礎工事はしっかりとやる必要があります。
土台に納まらない場合には、新たな土台を作る必要があります。
また部品や本体の在庫がない場合には取り寄せ対応となり、設置までに時間がかかる可能性があります。
本体の設置だけではなくタンクに水を貯めて、試運転を行うまでが時間として必要なので時間の余裕を持って設置の依頼をすることをおすすめします。

エコキュート工事は何人で行う作業なのか?

エコキュートの取りつけ工事は、本体の大きさや重さ、配管などの作業の多さなどから、何人で行われるものか気になるのではないでしょうか。
エコキュートの工事は専門知識と技術を持つ有資格者が行うので、標準では2人で作業が行われるケースが多いです。
基礎を作ったり複雑な配管作業が必要な場合は別ですが、エコキュートの本体そのものは2人もいれば取りつけができます。
とはいえ作業は配管や電線と範囲が広いので、2人でも6時間くらいは掛かります。
途中で休憩を挟みながら続けられますが、繁忙期で予約が詰まっている場合だと、休憩を殆ど挟まずに急ピッチで時間短縮が図られることになります。
人数を増やすとその分人件費が嵩んでしまうので、安易に人員の増加で対応するのは困難です。
標準的な取りつけでも数十万円の費用が発生するわけですから、人数を増やさずに早く取りつける必要があります。
このように、繁忙期になるとあまり休憩ができず可愛そうな気もしますが、2人というのが一応の目安でそれ以上やそれ以下というケースは珍しいのではないでしょうか。

エコキュート工事で追加料金は発生する?

エコキュート工事に要する費用は、現地調査と見積もりの段階で確定しますが、場合によっては標準費用では賄えない追加工事が発生して、追加料金が請求させることになるのではないでしょうか。
エコキュートの取りつけに追加料金が発生するのは、給湯を異なるタイプに変更したり、新たにガス給湯器からエコキュートに変更する場合です。
また降雪地域では凍結を防ぐ対策が必要ですし、エコキュートの設置スペースがあっても土台がないケースでは、基礎作りが必要になります。
追い焚き機能がある製品を設置する時は、浴槽の汚れの侵入を防ぐアダプタの設置が必要なので、ここに費用の追加があります。
配管もそうですが、電気系統の分電盤の作業においても、張り替え次第では通常よりも料金が嵩みます。
回路が複雑に多くなるほど金額も上がりますし、200Vの配線が来ていない場合は、200Vを引き込む作業が必要ですから、費用が嵩むのは仕方がないのではないでしょうか。

エコキュート工事は土日祝日も対応してもらえる?

エコキュートの工事で気になることの1つといえば、土日祝日も対応してもらえるかどうかではないでしょうか。
対応については工事を行う業者によりますが、大抵の場合は土日祝日にも対応していると考えて間違いないです。
やはり平日は仕事で家を空けている家庭が多いですし、エコキュートの取りつけに在宅が必要といわれても困ってしまいます。
しかし週末や休日、祝祭日も作業OKとなれば、エコキュート設置のハードルは一気に下がりますし、業者にとっても仕事が増えるメリットに繋がります。
だからこそ平日に限定せず、土日なども対応している業者が珍しくありませんし、エコキュートは曜日に関係なくついつでも都合の良い日に設置作業をしてもらえるわけです。
勿論、指定できる日時には限りがありますし、予約が殺到する繁忙期となると更に選択肢が少なくなったり、数週間から1ヶ月待ちということになり得ます。
とはいえ通常期なら業者も柔軟に対応できるので、希望に沿う形で作業を引き受けてくれるのではないでしょうか。

エコキュートに関する情報サイト
エコキュート工事の豆知識

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てるときや既存のガス設備を排除してオール電化住宅にするときなど電気温水器でもあるエコキュートのことを詳しく知りたい人向けの豆知識をご紹介しています。工事を行うときには専門の会社を通じて現地調査を実施してから見積もりを作成するなどの流れになります。依頼先を候補にする際には保証がついているところを数社選ぶこと、現地調査は実際の費用を計算するときに必要になりますが、依頼先の良しあしだけを考える場合は一括見積もりサービスなどでも構いません。

Search